第一経営労務管理事務リンク

第一経営労務管理事務が考える適切な労務管理とは?

第一経営労務管理事務所

適切な労務管理

 

  厳しい今の時代の経済情勢の中、様々な企業を取り巻く環境も厳しさを増している状態だと思われます。

 

その状況下で、仕方なく賃金や労働時間の労働条件を引き下げたり、希望退職者の募集をかけたり、時には解雇などを行わざるをえないといった企業も多くみうけられます。

 

企業の事業活動が景気の変動や産業構造などの変化による影響を受けることは避けられないと思われます。

 

しかしながら、前述しました賃金や労働時間といった労働条件の引下げや解雇などを、やむなく行わなければいけない状況下であっても、その実施にあたっては、法令で定められた規制や手続き、労使間で定めた必要な手続等を遵守して、事前に十分な労使間での話し合いや労働者への説明などを行うことは最低条件となってきます。

 

以上の事を行わずに一方的に労働条件の引下げ等を行ってしまいますと、労使の信頼関係を損ねるばかりではなく、今後の企業活力の低下や労働者の生活不安を招くことになりますし、更には消費を更に冷え込ませて景気を悪化させる恐れもあると考えなければならないと思われます。

 

だからこそ、労働条件の確保に向けた適切な労務管理が必要になってくるのです。